食事で改善する|悪化させない!腰痛の原因と改善方法を学んで痛みをなくそう

食事で改善する

腰痛

腰痛を食事でも改善させよう

腰痛の改善方法として広く知られているのはストレッチや適度な運動でしょう。そういったものを実践することはもちろん、食事にも気を使うようにしなくてはいけません。なぜなら、日頃の食生活が偏ってしまうと、何らかの栄養素が不足して腰痛の原因を作ってしまうことがあるからです。例えば、乱れた食生活が続いて肥満になった結果として腰痛の症状が出る可能性もあるでしょう。栄養の偏りや暴飲暴食、早食いや深夜の食事などには気をつけましょう。

関節や骨の脆さが原因になっている場合

関節が弱っていて腰痛になってしまったという場合は、グルコサミンやコンドロイチンといった栄養素を摂取するといいでしょう。これらの成分が関節でクッションの役割をする軟骨を生成するのに関係しているのです。食事から摂取できる量は多くないのでサプリメントなどを使うといいでしょう。
また、骨が弱っていることで腰痛の原因となっている場合は魚や牛乳、チーズなどに含まれているカルシウムを摂取するようにしましょう。

筋肉の疲れが腰痛に関係する場合

腰回りの筋肉が疲れてしまうと腰に負担がかかり腰痛となっていることがあります。そんな筋肉と関係する腰痛の場合には、疲労を取り除くための栄養を摂取するといいでしょう。例えば、ビタミンB1やビタミン12などが豊富に含まれている食材がいいでしょう。また、抗酸化作用の強いビタミンEも血液の循環を良くして体の疲労回復に役立ちます。

腰痛と食事に関する疑問点

腰痛を悪化させてしまうような食べ物もあるの?

腰痛を悪化させる可能性がある栄養素として知られているのが、塩分やリンです。塩分を摂りすぎてしまうと血圧が上がり、血行不良や肥満のリスクを高めてしまうのです。また、リンをたくさん摂取してしまうと骨を脆くしてしまう可能性があります。これらの過剰摂取には気をつけましょう。

腰痛を改善するためにできること

男性

改善する方法

腰痛を和らげるにはどのような方法があるのでしょうか。筋肉の硬直が腰痛につながっている場合は湿布でも和らげることができるでしょう。湿布の場合は冷たくなるものと温かくなるものがあります。症状によってそれぞれ使い分けが必要でしょう。

READ MORE
腰痛

食事で改善する

腰痛を改善する手段としてよく知られているのは運動やストレッチでしょう。それ以外にも、食生活に気を使うという方法もあります。食事の仕方や食べるものによって腰痛の原因となる肥満を引き起こすことがあるからです。また、骨が弱って腰痛になる場合もあるのでその対策としてカルシウムを摂取しましょう。

READ MORE
広告募集中